物作りの基本は好きだから。まずは自分の家を好きなコンセプトで変えてみては。

クレイアートと出会ったのは、いまから5年ほど前。
当時住んでいた同じマンションの方から紹介されました。
クレイとは白い樹脂粘土のことで、子供のころ遊んだ粘土とは違います。
マシュマロのよう軽い感触ですので、一つひとつ丁寧に扱わなければなりません。
クレイアートの難しさは、造形はもちろんですが、その色塗りにあります。
特に花を作るときは、作品が生きたるのも死ぬのも、その色使いによります。
わたしはアンティークぽいのが好きなので、パステル調が多くなります。
パステルだと、いつまでも色あせないのもいいところです。
一つの作品を作るのにすごい時間が掛かりますが、
全てお気に入りで、想いがこもったものばかりです。
みなさまのお気に入りの作品があれば幸いです。

クレイアートを部屋に飾る

時間をかけて作った作品はへやん飾ってこそ価値があるのです。
部屋のどこに飾るか考えながら作ることもデザインの重要な要素です。

アンティークなクレイアート
clayの中心は花です。
花のもつ鮮やかさと高貴な感じが出せるように工夫しています。

壁に飾るクレイアート
最初に作り始めたのはリースでした。壁にかけるリースは手入れのできるclayには最適です。ここでも主役は花になります。
サイトマップ
homemadeLIFE トップページ
favoriteSTYLEリビング お気に入り グッズ紹介 ガーデニング ファンタジック水彩画
homemadeSTYLEビーズルーム1 ビーズルーム2
クレイアート ギャラリー1 ギャラリー2 ギャラリー3 ギャラリー4 インテリアクレイ
当サイト内の内容・画像の無断転載・転用については固くお断りします
Copyright(C)2005 デジタル工房 All right reserved.